医院の3つの診療方針

  • 食べる・笑えるをサポート
  • すべての方を対象に地域に貢献
  • 最新の技能をみがく

医院について

診療案内

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
審美歯科

おひさま歯科クリニック

〒862-0924
熊本県熊本市中央区帯山4丁目3-18
TEL:
(県内の方)0120-8020-66
(県外の方)096-213-8020
FAX:096-213-8024

おひさま歯科クリニック twitter

おひさま歯科クリニック スタッフブログ

歯がしみる

歯がしみる

2016年1月20日(水)

熊本市中央区帯山
むし歯・歯周病予防・治療
おひさま歯科クリニック
院長の澤幡です

寒くなってきました。
皆様体調はいかがでしょうか?

体をあたたかくして
体調管理に気をつけてくださいね。

寒くなってきて
「歯がしみる」とおっしゃっる
患者さまが多く来院されるようになります。

「むし歯かな?」と心配されての来院が多いです。
ちょっと症状があると気になるところですよね。

拝見させていただいて
「知覚過敏」が原因であることが多いです。

知覚過敏は歯がしみやすくなっている状態です。

もちろん寒くなってきて
「水がつめたい」という時には
知覚過敏じゃなくても
しみます。

ただ
通常の刺激でも、「うわ、しみる」というときは
「知覚過敏」の疑いがでてきます。

この知覚過敏の原因で多いのが
「歯肉の退縮」にあります。
歯と歯肉の境目が
歯ブラシの強い刺激でさがってしまうと
歯の根の部分が少し露出します。
このことを「退縮」と読んでいます。

この退縮がおきると
歯の根の部分はとても薄いセメント質につつまれているだけ
ですし
神経までの距離が近いので
とてもしみやすいわけです。

明日はこの対処法についてお伝えします。

それではよい1日を!