医院の3つの診療方針

  • 食べる・笑えるをサポート
  • すべての方を対象に地域に貢献
  • 最新の技能をみがく

医院について

診療案内

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
審美歯科

おひさま歯科クリニック

〒862-0924
熊本県熊本市中央区帯山4丁目3-18
TEL:
(県内の方)0120-8020-66
(県外の方)096-213-8020
FAX:096-213-8024

おひさま歯科クリニック twitter

おひさま歯科クリニック スタッフブログ

歯周病は「クスリ」で治せるのか?

歯周病は「クスリ」で治せるのか?

2015年9月19日(土)

熊本市中央区帯山
むし歯予防・歯周病予防
おひさま歯科クリニック
院長の澤幡です。

歯周病は国民病として知られているほど
ごく普通にお口に生じている
慢性の疾患です。

感染症と言われていますが
からだと細菌との均衡のバランスがとれているときは
発症をしないため

日和見感染症といわれることもあります。

感染症ということばで思いつくのは
インフルエンザなどの
空気や人を介した
呼吸器系の疾患を思い浮かべることと
思います。

インフルエンザを治すためのクスリがあり
その使用については賛否両論ありますが、
インフルエンザウイルスがきっけであることがわかっています。
これに
「感染」しないように
マスクをしたり
手洗いをしていけばいいわけですよね。

一方で
「歯周病」はどうか?

慢性の歯周病については
P.g菌という菌が主に「悪さ」をすることがわかっています。

これをたたいて
撲滅してしまえばいいという
発想がでてきます。

実際この菌を「抗生物質でたたこう!」と
試みた研究がありました。

研究の結果でのこたえは
一時的に菌はへるものの
「すべてなくなってしまう=0」になる
ことはなく

時間の経過とともに
ふたたび菌が増え
「体の抵抗力=免疫と均衡が保つところ」で落ち着き
潜伏します。

歯周病の菌は
このように
「常に体に住みついている=常在菌」といわれています。

常在菌には
ひとそれぞれ
そのコミュニティーが形成されており

抗生物質に抵抗するような
保護膜のようなバリアを形成することもあります。

バイオフィルムという形状をした
このコロニーのかたまりの総体のことを
「プラーク」といい

これをとるには
現在のところ
「歯ブラシ」や「フロス」などを使って
機械的に除去することしか
我々にはできないことが
わかっています。

結論は

歯周病は「クスリ」では治せません。
一時的に歯茎が腫れたり
痛んだりした際には効きますが

症状を和らげるだけにすぎず

根本的には
体に病的な影響がおよばない範囲を目指して

歯磨きや歯石をとるなどの
機械的な除去をすることしか
できないのが
現状になります。

そう考えますと
いかに歯磨きをすることが大切か

ということがわかります。

毎日の歯磨き
大切にしていきたいですね。